2008年03月27日

山本館/やまもとかん

草津山本館
ゆげ白く立ちて硫黄の桶の並ぶ
広場の前の山之湯の宿  与謝野 晶子


11部屋の小さな旅館でございますが
家族的な雰囲気で御もてなしさせていただきます


草津温泉は誰にでも親しまれ、また歴史も古く、
今もなお多くの人々の心と体を癒しております。
余りにも有名な草津温泉でありますが、
近年は国際観光地の軽井沢や志賀高原との道路網も完備され、
新しいレジャー・観光地として発展を見せております。
この様な時代の推移の中で山本館は時代を
超えた真心で皆様をお迎えいたしております。
やまもとかんの懐かしい日本建築の館内には、
貴重な古美術品を多数展示して、
しばし鑑賞のひとときをお過ごしいただけますが、
「伝統」とは毎日のお客様の満足が創るもの、
と考えております。


湯畑の周りでは最も日本的な和風旅館が目印。
外観だけで感動してしまうのは早すぎます。

近代的な建物が立並ぶ湯畑の周りですが、
ここ山本館の一角は今も尚、
温泉情緒が漂う風情を残しています。
晴れ晴れとした日はもちろん、
そぼ降る雨の日や雪明かりの日も似合う
嬉しいただすまいの宿が山本館です。
夕暮れ時は下駄の音を鳴らして歩きたいものです。
玄関を入ると、伝統の宿らしく一対の鎧兜がお出迎えします。
それにも増して、優しい笑顔で迎える女将の顔が印象的です。


かつてこの部屋から湯畑を眺めた牧水
その詩歌をそっと口ずさんでみる。

歴史を感じさせる床柱の鈍い光り、
付書院や欄間の精巧な細工、
高い天井など数奇屋造りの部屋は、
そこに座する人に自ずと落着を与えてくれます。
眼下を望めば、草津温泉名物の湯畑が湯煙を立上らせ、
温泉情緒を醸出しています。
「たぎり湧く草津のいで湯おほらかに
湧きあふれつつ渓川となる」と牧水が歌った草津は
今も山本館に健在です。

湯煙たなびく湯畑を窓から眺めながら、
ゆったりと温泉情緒を楽しんでいただけるのも
草津山本館ならでは。
客室数は11室。
お客様の数も限られていますので、
ゆっくりと静にくつろいでいただけます。

湯畑に面したお部屋のご用意も可
(ただし、空室の場合のみですので、
ご予約の際に、ご確認下さいませ)


熱い温泉に浸かると
温かい温泉情緒に浸かっていた。

草津山本館の湯は、草津に数ある源泉のひとつ
『白旗の湯』から引かれたもの。
白く濁った湯は、エメラルドグリーン
がかった微妙な美しい色合いです。
総檜造りの浴場の自然な香りと感触が
疲れた体と心を癒してくれます。
また、yamamotokanの内湯は、
古くから『若鹿(わか)の湯』と呼ばれ、
子宝の授かる湯であるとの伝えもあります。


作りたての香り作りたての温かさ
一品一品味わって召し上がって
いただけるよう、一階の厨房近くに
個室のお食事処もご用意いたしました。
夕食、朝食ともにごゆっくり
お召し上がりくださいませ。
四季折々の地元の特産品はもちろん、
各産地から食材を取り寄せて
心を込めて調理しております。
季節の風味をご賞味ください。
※最繁期など個室がご利用いただけない場合がございます。


女将の手作りでおもてなし
お客様の「おいしかったですよ・・・」
その一言がとても嬉しいです。

野菜まんじゅう
冬の寒いときに具になる野沢菜、白菜、大根を
つけるので手が痛くなります。
この頃やっとおまんじゅうの大きさが
揃ってきました。
今では一番の人気のおみやげです。

梅干し
梅の時期になると梅のことで頭がいっぱいです。
毎年300kgくらいつけます。
いつまでつづきますか・・・

果実酒
作っているうちに10種類くらいになりました。
果実を採りに行くところから始まります。
女性の方に人気があります。

果実のゼリー
季節の果実をゼリーにしました。

梅ジュース
さわやかでさっぱりとした飲み口です。

赤じそジュース
真っ赤な色がとてもキレイで
夏バテ等によくききます。

草津散策は外出着の浴衣でどうぞ。
約60種類のゆかたをご用意してございます。
ゆかたを着て草津の町を散歩してみませんか?
もちろん着付けのお手伝いもしております。



草津山本館/くさつやまもとかん
〒377-1711/群馬県吾妻郡草津町草津404
TEL:0279-88-3244/FAX:0279-88-3245

posted by じゅうに at 01:42| 草津温泉/山本館(やまもとかん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。