2008年01月28日

ホテル一井/ほてるいちい

ホテル一井のご案内/くさつおんせん
●一井、一番井戸、歴史三百余年。
たちこめる湯の香、湯のけむり。
源泉、草津の湯畑には湯脈つきることなく、
心惹かれる風情があふれ出ております。
ホテル一井はこの湯畑に刻を紬いで三百余年。
一番井戸の一井、と親しまれ、
古くから変わらぬおもてなしの心と
「一番」の「一」の心意気を伝えてまいりました。

●明治の外国人に愛された宿
日本が世界に向けて開かれた明治時代。
このアジアの東端の小さな島国に
興味ひかれ、訪れた西洋人も多かった。
彼らが好んだ宿を辿っていくと、
異国の旅人を魅了した明治の宿の、
心尽くしのおもてなしがあった。
               
●Erwin Von Balz(1849年1月13日生)
明治9年政府の招きで来日し、
東大医学部の前身である東京医学校で26年間、
生理病理、内科、婦人科の教壇に立ち、
日本医学のために多大な貢献をした人です。
ベルツ博士は明治11年頃より草津温泉に数回訪れ、
温泉を分析し、正しい入浴法を指導すると共に
「草津は高原の保養地として最も適地である。
草津には優れた温泉のほか、
日本でも最上の山と空気と全く理想的な飲料水がある。
こんな土地がもしヨーロッパにあったら
どんなににぎわうだろう」と称え、
世界無比の高原温泉でありことを世界に紹介し、
日本の草津を世界水準に引き上げてくれました。
これに対し草津町では昭和9年
西の河原にベルツ博士の顕彰碑を建立し、
博士の生地であるビーティッヒハイム・ビッシンゲン市と
姉妹提携を結びました。

お風呂のご案内/ホテルイチイ
一井では2種類の泉質をお楽しみいただけます。
●大浴場『石殿』/湯畑前白旗源泉
少し濁ってとろりとして、まろやか
インド砂岩と御影石をを使用した総石造り

●露天風呂『石庭』/白根山万代源泉
透明でさらりとして、舐めると酸っぱい
和風情緒あふれる庭園風の露天風呂

■ご利用時間 
14:00〜26:00  
5:00〜10:00
(大浴場、露天風呂共通です。)



草津温泉ホテル一井/くさつおんせんほてるいちい
〒377-1711/群馬県吾妻郡草津町411
TEL:0279-88-0011/FAX:0279-88-0111
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。