2008年03月27日

山本館/やまもとかん

草津山本館
ゆげ白く立ちて硫黄の桶の並ぶ
広場の前の山之湯の宿  与謝野 晶子


11部屋の小さな旅館でございますが
家族的な雰囲気で御もてなしさせていただきます


草津温泉は誰にでも親しまれ、また歴史も古く、
今もなお多くの人々の心と体を癒しております。
余りにも有名な草津温泉でありますが、
近年は国際観光地の軽井沢や志賀高原との道路網も完備され、
新しいレジャー・観光地として発展を見せております。
この様な時代の推移の中で山本館は時代を
超えた真心で皆様をお迎えいたしております。
やまもとかんの懐かしい日本建築の館内には、
貴重な古美術品を多数展示して、
しばし鑑賞のひとときをお過ごしいただけますが、
「伝統」とは毎日のお客様の満足が創るもの、
と考えております。


湯畑の周りでは最も日本的な和風旅館が目印。
外観だけで感動してしまうのは早すぎます。

近代的な建物が立並ぶ湯畑の周りですが、
ここ山本館の一角は今も尚、
温泉情緒が漂う風情を残しています。
晴れ晴れとした日はもちろん、
そぼ降る雨の日や雪明かりの日も似合う
嬉しいただすまいの宿が山本館です。
夕暮れ時は下駄の音を鳴らして歩きたいものです。
玄関を入ると、伝統の宿らしく一対の鎧兜がお出迎えします。
それにも増して、優しい笑顔で迎える女将の顔が印象的です。


かつてこの部屋から湯畑を眺めた牧水
その詩歌をそっと口ずさんでみる。

歴史を感じさせる床柱の鈍い光り、
付書院や欄間の精巧な細工、
高い天井など数奇屋造りの部屋は、
そこに座する人に自ずと落着を与えてくれます。
眼下を望めば、草津温泉名物の湯畑が湯煙を立上らせ、
温泉情緒を醸出しています。
「たぎり湧く草津のいで湯おほらかに
湧きあふれつつ渓川となる」と牧水が歌った草津は
今も山本館に健在です。

湯煙たなびく湯畑を窓から眺めながら、
ゆったりと温泉情緒を楽しんでいただけるのも
草津山本館ならでは。
客室数は11室。
お客様の数も限られていますので、
ゆっくりと静にくつろいでいただけます。

湯畑に面したお部屋のご用意も可
(ただし、空室の場合のみですので、
ご予約の際に、ご確認下さいませ)


草津湯もみ温泉をもっと詳しく
posted by じゅうに at 01:42| 草津温泉/山本館(やまもとかん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ホテル櫻井/ほてるさくらい

草津温泉/草津白根観光

ホテル櫻井

桜の花のごとく
華やかに人をもてなす宿


温泉浴場/ホテル櫻井
日本を代表する銘湯・草津温泉。
古くから「どんな病も治る」
といわれたその不老長寿の薬湯は、
旅の疲れを癒し、
心と体を優しくときほぐしてくれます。

草津よいとこ 白根の雪に
暑さ知らずの 風が吹く
草津よいとこ 里への土産
袖に湯花の  香が残る   平井晩村


ホテル桜井では男女それぞれに
大浴場と露天風呂がございます。
源泉は贅沢にも二種類あり、
約20メートルある大浴場は
「万代鉱・西の河原混合源泉」、
露天風呂はにごり湯の「わたの湯源泉」。
この源泉掛け流しの天然温泉を、
心ゆくまでお楽しみいただけます。

源泉の温度が高いため、
「あつ湯」と「ぬる湯」それぞれを
お好みにあわせてご利用下さい。

●採光あざやかな男子大浴場「湯元 白根」
●広々とした女子大浴場  「湯元 吾妻」
●男子露天風呂
●女子露天風呂

草津温泉の由来/ホテル桜井
行基菩薩がこの地を訪れてそちこち回られてみると、
群嶺高く険しく中に、
ひとところ温かくうち湿りしところがあって、
しばらく楊枝をとめて祈祷されると、
温泉がたちまち湧き出したといいます。
行基菩薩は自ら薬師如来を彫刻し納め、
温泉の鎮護として山号を「草津」、
寺を「光泉寺」と名付けました。


お料理/ホテルサクライ
ホテル櫻井の、関西日本料理界の重鎮
「天地の会」代表・大田忠道氏プロデュースによる
お料理をお楽しみ下さい。

大田氏は、日本料理の伝統に、
中華料理や西洋料理など、
様々なジャンルの技法を独創的に取り入れた、
創造性豊かなお料理を手掛けています。

ホテル櫻井では、旬の素材に真心を込めて、
お客様に喜んでいただけるお料理を
研究開発してまいります。

こころ安らぐ草津温泉の宿で、
味の芸術文化との出会いを
感じていただけますように・・・

草津湯もみ温泉をもっと詳しく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。